プロフィール

スタッフ

祇園花見小路に3月11日にオープンしました。
18歳で辻フランス料理専門カレッジにその後今は無きホテルプラザで6年間基礎を学ぶ
その後箕面の人気店ロアラブッシュの立ち上げに参加その後渡仏星つきレストランを3店で修業
帰国後オーベックファン神戸のスーシェフに2年後
先斗町にあるオーベックファンで3年半シェフを務めました

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年2月 | メイン | 2011年6月 »

2011年3月

2011年3月26日 (土)

善意の一皿に感謝

一週間ほど前から始めた震災の募金
スペインのハモンセラーノ 生ハムを一皿525円で
お客様に提供し 売り上げを全て震災募金に充てております
多くのお客様に 快くご注文いただき嬉しく思います
今後も生ハムが1本無くなるまで続けてまいります
更なる善意の一皿よろしくお願いいたします

2011年3月18日 (金)

この度の三陸沖を震源とする大震災により被災された皆様 心よりお見舞い申しあげます

この度の三陸沖を震源とする大震災により被災された皆様 そのご家族の方々に対しまして 心よりお見舞い申し上げます 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます 

日々のニュースに心を痛めております
私も阪神大震災に会いました
今 私に出来るとは何だろうと考えている時に
ぐるなびの東北地方太平洋沖地震 被災地応援飲食店のことを知りました
私のお店で 少しでも被災された方のお役に立てればと・・・

スペイン産のハモンセラーノを1本仕入れました
この生ハムを 一皿525円でご用意いたします
この売り上げは すべてぐるなびの東北地方太平洋沖地震 の被災地応援
に寄付させていただきます
ぜひ皆様の善意の一皿をお待ちしております

2011年3月10日 (木)

プロフェッショナル

今回のプロフェッショナルは 岐阜の中華料理
専門誌などでもお見かけしたことがあります
ごめんなさい お店の名前忘れてしまいました
シェフは古田さん 
フランスの三ツ星シェフも古田シェフの料理を
わざわざ食べに来るそうです
岐阜の食材を 今までに無い中華に仕上げていきます
アユは 塩焼きが一番 この美味しさを超える物が作りたい
と言う思いから アユの春巻きを考え出されました
アユを3枚に卸し 頭と骨は油でカリカリに揚げる
内臓はオイスターソースであえる
これらとアユの身を春巻きに包んであげる 
美味しそうな一品です
さらに有名な一品は フカヒレの姿煮をフライパンで
カリッと焼き上げたもの
これも独創的な一品です

古田シェフは有名店ででの修業が無く コンプレックスを
持っていたようですが 努力の末 今に至るそうです
すばらしいです
私も 今まで以上の創意工夫を続けて行きたいと思います
一段一段上に上って行きたいですね
日々精進

2011年3月 7日 (月)

体が悲鳴を・・・

先月いっぱいでスタッフが寿退社しました
ちなみに男性です
スタッフ募集をしていますが なかなか見つからない状態です
1人少なくなったぶんを 3人で補いながら頑張っています
最近落ち着いた感じなのですが 週末は やはり大変です
なんとか お客様にも喜んで帰って頂き ホッとした
日曜日の夜中 太ももの裏側に激痛が・・・
足攣ってしまいました
5分ぐらいですか 激痛に耐え やっと直りました
やはり 無理がたたったのですかね

でも一人減ったからといっても 仕事を減らすわけには行かないです
がんばって 4人でやっていた以上の仕事をしたいと思っています
是非 ヤル気のある あなた
   将来自分のお店をしたい方を募集しています
   ご連絡お待ちしています

2011年3月 2日 (水)

メシャンルー

先日最近よく雑誌でお見かけする
メシャンルー さんへ行ってきました
高級感のある店構え 期待が膨らみます
コースは3500円のコースのみ
メニューを一本に絞るのは勇気が要ります
あえて一本に絞るのは自信の表れですね

メニューはアミューズ ブルーチーズのタルトにパイナップルジャム
鼻からブルーチーズの良い香りが抜けます
次は新玉ねぎのスープとサツマイモとトリフのコロッケ
次のお皿は 野菜のテリーヌ 
お店のスペシャリテのようです
ひとつひとつの野菜にそれぞれ味付けがしてあり 美味しかったです
私もこの仕事のされた野菜共感しました

はまぐりのラビオリ メインといいどれも美味しくいただきました
月曜日に営業されているメシャンルー さん
是非またお伺いしたいです
ご馳走様でした

祇園 Abbesses のサービス一覧

祇園 Abbesses