プロフィール

スタッフ

祇園花見小路に3月11日にオープンしました。
18歳で辻フランス料理専門カレッジにその後今は無きホテルプラザで6年間基礎を学ぶ
その後箕面の人気店ロアラブッシュの立ち上げに参加その後渡仏星つきレストランを3店で修業
帰国後オーベックファン神戸のスーシェフに2年後
先斗町にあるオーベックファンで3年半シェフを務めました

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2013年6月21日 (金)

丹波の黒豆パン

少し前に頂き物の丹波の黒豆がありました。

それほどの量もないので使い道に悩んでおりました。

ふとした時に、パンに入れてみようと思い早速作ってみました。

一晩水で戻し、ほんのり塩味の水で柔らかくなるまで茹でこぼしました。

この豆をパン生地に混ぜこみ焼いてみたところ、いい感じの焼き上がりになりました。

早速試食してみました。

ふわふわのパン生地にほんのり甘みのある黒豆がアクセントになって

かなり満足のいく仕上がりになりました。

黒豆がなくなってしまう前に、お試しください。

2012年1月20日 (金)

天然酵母のパン

今日から 天然酵母のパンにチャレンジし始めました
やはり イーストで作るパンに比べるとやはりひと味もふた味も違うのではないかと
実際チャレンジしたことがないので

まずは 天然酵母を作ることからスタート
今回はリンゴの酵母にチャレンジしてみました

密閉できる容器を煮沸する ここにリンゴの薄切りとさとうお水を入れ
発酵するまで四日間暖かいとこに置いておく
ここまでが酵母の作り方です
続きは四日後に

2012年1月14日 (土)

おいしい小松菜

今回は山田ファームさんから入れて頂いている小松菜のお話です

前回の納品から,小松菜が加わりました
最初チンゲンサイが入っているのかと思うほどのずんぐりした丈です
茎も太く根もしっかり太い見るからに美味しそうです
湯がいてガーリックオイルで和えてみたところ
甘味の強いこと 柔らかくこんな美味しい小松菜は初めてです
是非 前菜に入っているときはお楽しみください

山田ファームさんいつもおいしい野菜をありがとうございます

2011年7月16日 (土)

キュウリ収穫しました

先日キューリが20センチくらいまで大きくなり収穫しました
まだキュウリの先には黄色い花のしぼんだものがついていました
早速 塩をして試食してみたところ みずみずしく皮も柔らかく
非常においしいキュウリに仕上がっていました
早速 その日の前菜の一品として提供させていただきました
お客様の感想も上々でした
これから たくさんなりますように

前に書いた キューリの花を折ってしまった続編ですが
やはり 大きくなる様子はなく そのまま枯れてしまいました

受粉は特にしなくても キュウリは大きくなるようです
それとも 昆虫が受粉してくれているのでしょうか

2011年1月21日 (金)

ぎんなん

先日 咳が出始め
余りに咳が出るので胸が痛くなりました
これは いけないと思い 生薬で何かないかと探すと ぎんなんがいいと
コレだと思いさっそく買って帰りました
紙袋にぎんなんを入れ
レンジで ぎんなんが破裂すれば簡単に開きます
その夜は 7、8こ 食べて 温かくして寝ました
次の日の朝 すっかり咳が止まっていませんが・・・・
ぎんなんを 一回食べたくらいでわ
続ける事が大切
あと マスクも


2010年9月 1日 (水)

しょうがの秘密

先日、買出しの帰りのことです。
電気屋の前を、通かかったとき
電気屋のテレビを見ると、「ためしてガッテン」がやっていて
足を止めて見入ってしまいました。
今回は、「しょうが」でした。
冷え性の人が、しょうがで身体を温めようというものでした。
生姜をいろんなものに入れて食べていました。
でも結果的に、体温は上がりませんでした。
漢方では、生姜は手足を一時的に温めますが、本当は体の余分な熱を冷ます効果があります。
身体を芯から温めるには、からからに乾燥した生姜を使うと
身体をあたためます。
薄く切った生姜を天日で1日干すと簡単に出来ます。
是非、冷え性の方おためしください。

2010年7月 6日 (火)

アベスの野菜のお話


アベスでは、旬の野菜の本来の美味しさを多く方にお伝えしたく
ブログで紹介していきます。
現代のサラダは、生野菜をドレッシングで和えるだけのものが多く
全てドレッシングの味になってしまいます。
これに疑問を感じていました。
野菜は、塩を適量使うことによって、塩味をつけるのではなく
旨みや甘味を引き出すことができます。
ですから一つ一つ野菜に適した調理で味を引き出し旨みのあるものにしております。
又、油と一緒に摂る事で栄養価が上がるもの 
干ししいたけのように、干すことによって栄養価の上がるものなど
など今後も野菜の可能性を勉強していきたいと思っております。


サラダとはラテン語で『sal』塩を意味します。
現代では、少しサラダの意味合いが変っていますが
古くは塩で味付けしたものがサラダでした。

祇園 Abbesses のサービス一覧

祇園 Abbesses